豊尻術の特徴

施術する女性

日本人に多いお尻の悩み

トレンドを作り出す街と言われている銀座では、美容整形もまだ日本ではあまり馴染みの無い施術を、いち早く行う患者さんが多い傾向にあるようです。身体に行う美容整形といえば日本の場合、豊胸手術が人気ですが海外では近年、「豊尻術」を希望する患者さんが増えています。豊尻術はまだ日本では馴染みの薄い美容整形ですが、美意識の高い女性が集まる銀座エリアということもあり、海外のトレンドを取り入れて施術に踏み切るケースが多いのです。銀座の美容整形外科クリニックで受けられる豊尻術は大きく、プロテーゼ法・脂肪注入法・ヒアルロン酸注射の3つに分けられます。プロテーゼ法は美容整形外科クリニックではお馴染みの、人工シリコンをお尻部分に挿入しボリュームアップする美容整形です。脂肪注入法はお腹などについている自分の脂肪を吸引し、その脂肪をお尻へと注入するという施術となります。この3つの施術法の中で最も手軽なのがヒアルロン酸注射で、弾力性のあるヒアルロン酸を注射器でお尻に注入し、形などを整えるプチ整形の1つです。

豊尻術は文字通り、お尻のボリュームをアップしたり形を整える美容整形で、より魅力的で女性らしいボディーラインになれると海外では、年々患者数が増加しています。最新の美容整形や美容医療を取り入れている美容整形外科クリニックが多い銀座でも、豊尻術は注目を集めているようです。日本人はお尻の上部分のボリュームが少なく、四角い扁平なお尻の形をしている人が多く、メリハリの無いボディーラインになりがちです。特にジーンズなどお尻の形がハッキリと分かる服を着た際、貧相なお尻が目立ってコンプレックスに感じる人も少なくありません。豊尻術を受けることでお尻に理想的なボリューム感が出て、日本人に多いお尻のコンプレックスを美容整形で解消することができます。もし、銀座の美容整形外科クリニックで豊尻術を受けたいという場合は、症例数を比較して施術を受けるクリニックを選ぶと良いでしょう。豊尻術はまだ日本では馴染みが薄いこともあり、医師によってはあまり施術を行っていないケースも考えられます。多くの患者さんに施術を行っている医師の方が、技術力が高いと考えられるので豊尻術の症例数の比較は欠かせません。